HOME < お料理 < 奇跡のマリアージュ

浜の湯料理と酒のマリアージュ

マリアージュとは…本来結婚という意味ですがここではワインに限らず、いろんなものを合わせて楽しむときに、互いが互いを引き立てあうことを意味します。食べるお宿の名にかけて「もっと浜の湯料理を愉しんでいただきたい」という想いを込めて浜の湯料理を引きたてるお酒をご紹介いたします。

お酒とお料理のいい関係

「飲・食」というくらいお酒と料理は切っても切れないもの、お酒とお料理とを合わせることで新たな喜びが生まれ、これまでも多く人に幸せな時間をもたらせてくれました。

料理との相性というと「ワイン」と「料理」を思い浮かべる方が多いと思います。肉系の料理にはルージュ、魚系にはブランと。しかし、ワインのみならず日本酒や焼酎もまたすべてといっていいくらい料理との相性が合ってしまうのです。

味の基本は5つ「甘味」「酸味」「塩(辛)味」「苦味」「旨味」とあります。浜の湯料理もまた内容によってこの味の強弱が異なり、個々の料理にマッチするお酒もまた異なります。

お客様に、食べるお宿の醍醐味を、もっと愉しく、より美味しく味わっていただくために、それぞれの料理を引きたてる「お酒」をご紹介いたします。

ただ飲むだけ、酔うだけではなく、料理とお酒を楽しく味わう、どんな料理にどんなお酒があうのか、色々試しながら呑むのも楽しいものです。

刺身の味わいと美味しさが一層愉しめる

「舟盛り」×「お酒」

浜の湯の名物料理「舟盛り」、迫力のある舟盛りは、まさに伊豆を彷彿する金目鯛、勘八、等旬の素材を
ふんだんに盛りこんだ浜の湯の舟盛りは創業以来の名物料理のひとつ。
ボリューム満点のお刺身をさらに引きたてるお酒をご紹介いたします。

[地酒]雛酔桜 特別本醸造

吟醸酒に近い造りをした本醸造酒。ほのかな吟醸香と淡麗な飲み口で辛口ながら柔らかく、すっきりとした口当たりな「雛酔桜」は、お刺身には断然おすすめ!酒を飲み、料理を食べてまたお酒を飲んで口の中がリセットされて、お刺身の素材の味わいと美味しさが一層愉しめます。


[本格焼酎]麦焼酎 つくし白

黒麹仕込みの深さと、減圧蒸留法にての蒸留によるさわやかな香りとすっきりした味わいな「つくし白ラベル」が、脂ののった新鮮な旨味たっぷりなお刺身(特に白身魚)の味わいを邪魔することなく、また負けることなくお互いの美味しさを引きたててくれます。

磯の香りと吟醸香の絶妙なコンビネーション

「鮑の酒蒸し」×「お酒」

浜の湯の名物料理のひとつ「鮑の酒蒸し」、酒蒸しで調理することにより鮑が、
コリコリとした歯ごたえの鮑がやわらかな食感でご堪能いただけます。
磯の香りとふっくらとした鮑の食感をより引き立てるお酒をご紹介いたします。

[地酒]正雪 吟醸生酒

澄みきった味わいと清々しい吟醸香を特徴にもつ「正雪」が磯の香り漂う「鮑の酒蒸し」の食欲を期待させ一口食べたときの蒸された鮑の柔らかさと味わいが期待以上にさせてくれます。


[ワイン]シャブリ

シャブリは土壌からくるミネラルの風味が魚介類と特によく合い、生ガキとシャブリの組み合わせは有名!素材の味わいを活かした「鮑の酒蒸し」にもとても食欲をそそります。

純米酒と煮付けの甘辛さが相乗効果で見事な旨味に

「金目鯛の煮付け」×「お酒」

稲取温泉に旅行したらはずせない料理が「金目鯛の煮付け」、浜の湯でも名物料理のひとつ。
濃厚で甘辛い煮付けのタレこそがまさしく稲取の昔ながらの郷土の味です。
この甘辛いタレの味付けと相性バッチリのお酒をご紹介いたします。

[地酒]白隠正宗 特別純米酒

米の旨味を活かし、やや辛口な仕上がりな甘味も感じる純米酒が、金目鯛の甘辛く煮つけられた旨味との調和でお互いの素晴らしさ相乗する味わいとなります。

特上和牛とワインで至高の余韻に浸る

「特上和牛料理」×「お酒」

浜の湯の「焼物」でお出しする特上の和牛のお料理。その香ばしさと
食したときのジューシーな肉の旨味が、ワインの酸味を相まって至福の時間へと誘います。

[ワイン]コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ

しなやかな渋味のバランスといい、飲み口のやさしいパワフルさといい言うことなしのマリアージュなこちらのワインが、旨さ間違いなしの特上和牛に負けないインパクトを感じさせてくれます。ラベルも不思議と「牛」が描かれていますがこれも何かの縁…?!

「浜の湯料理×酒」奇跡のマリアージュはいかがでしたでしょうか?

こちらでご案内しました各お料理に合うお酒をお愉しみになりたい方は、
お食事の際、担当の客室係にお申し付けくださいませ。

お酒好きの方も、これからお酒と料理を楽しみたい方も是非、浜の湯での
美味極まる時間をお過ごしくださいませ。
またこちらのお酒は別注オプションにて事前にご予約も承ります。

オプションはこちら

ページ先頭に戻る