HOME < お料理 < 職人のこだわり

「また食べにくるよ」お客様からのこの一言が私達、料理人魂の原動力となるのです。
浜の湯 料理長 上島

お客様から「美味しい」とご満足していただけるために

浜の湯では「また、食べに来るよ!」とお客様にお褒めをいただくほど料理にたいしてもこだわりはかなりなものがございます。
浜の湯の料理は、浜の湯で働くスタッフ皆で築きあげ、
お客様からの叱咤激励から生まれ確立してきました。

すべてはお客様に喜んでいただくために…

一番うれしいことは、やはりお客様から「美味しかったよ!」と言われることです。声をかけていただいたお部屋にご挨拶に伺うこともあるのですがその時に「美味しかった。一生の想い出になるよ!」と言われると、うれしくて涙がこぼれそうになります。それがまた、”もっと頑張ろう!”という熱意の原動力にもなっているのです。

稲取らしいエピソード

まだまだ半端な私が、なぜ浜の湯の料理長として勤めさせていただいているのでしょうか…?

私は2008年現在、30代半ばの男です。妻もめとって家庭も構えてはいますが、人としても料理人としてもまだまだだと常に思っています。もちろん、食に対する向上心と、お客様が「旨い!」と言っていただける料理の追究心は誰にも負けないと自負してはおりますが。そんな、自分ではまだ中途半端だと考えている私が、浜の湯の料理長を勤めさせていただいているのはなぜでしょう・・・?

私が料理人になったきっかけは、小学校の頃から料理が好きで家でつくっていたのですが、それを食べた家族が「美味しい!」と言ってくれたのが原体験になっています。子供心にも、自分がつくったもので人を喜ばせる醍醐味というのを覚えたのでしょう。それから時を経て、様々な旅館様やお食事処での修行の紆余曲折を経て、鈴木社長とのご縁で浜の湯へ入社いたしました。その裏には、稲取らしいエピソードがあるのです。

それは・・・

次のEpisode

 



ページ先頭に戻る