舞台は浜の湯。いま、新しい旅の夢が始まります。
  • TEL. 0557-95-2151
  • facebook
  • twitter
  • google
  • youtube

お知らせ

人生で一番癒された詩

今日は、私が人生で一番癒された詩をここに紹介します。
ある方のブログでこの詩に出会いました。
ある夜、私は夢を見た。
私は浜辺を一人で歩いていた。
丘まで来たところで立ち止り、私は後ろを振り返った。
そこには、延々と砂浜に刻まれた私の足跡があった。
その足跡と共に、私の人生の様々な場面が思い出された。
ふと、
隣を見ると、そこには神様が立っていた。
足跡を改めて見ると、2組の足跡があることに気付いた。
ひとつは自分の足跡。
もうひとつは神様の足跡だった。
ところが、
よく見ると私が歩んできた人生のところどころに足跡は1組しかなかった。
足跡のないところは、
私の人生でもっとも辛く、苦しく、悲しみに打ちひしがれていたときであった。
私は神様に訪ねた。
「どうして!
 私が辛く苦しい時・・・・
 あなたをもっとも必要としていたとき・・・・・
 どうして・・・・・どうして・・・・・
 私を見捨てたのですか!?
 私と一緒に歩いてくれなかったのですか!?」
神様は悲しそうな顔をし、こう答えました。
「私は、あなたを決して見捨てたりはしていません。
 私は、いつもあなたと一緒でした。
 あなたが試練や苦しみの中にあった時、
 たった一組しか砂浜に足跡がなかったのは、
 私があなたを背負って歩いていたからです。
 あなたは、決して一人ではないのです。」
皆さん、いかがですか?
この詩により、
私の心は、非常に癒されました。
私の心は、安心感を覚えました。
私の心をホッとさせてくれました。
そして今後の人生に対し勇気を頂きました。
伊豆稲取温泉 食べるお宿浜の湯
代表取締役  鈴木良成

アーカイブ

空室検索 子供の詳細
閉じる
送信