舞台は浜の湯。いま、新しい旅の夢が始まります。
  • TEL. 0557-95-2151
  • facebook
  • twitter
  • google
  • youtube

情熱のかけら 愛実

自分がやりたかった理想がつまった場所

愛実

[出身地] 神奈川県 [生年月日] 1998年9月
[出身校] 相模原女子大学

「仕事の動機」

人に喜んでもらうことが大好きで、接客業に就きたいと思っていました。その中で「印象に残るくらい喜んでもらうためには、お客様と長く接する仕事がしたい」と思い、旅館を希望しました。さらに浜の湯は完全担当制を取り入れていて、お客様との長い接点にプラスしてひとりひとりに合わせた最善のサービスができ、細かいところでも自分の想いをお客様に伝えることができるので「ここしかない」と確信しました。

「想い」

自分では「最善を尽くした」と言えてもお客様にとってそれは「最良」なのかは、中々わかりにくいと思います。最良を目指すには常にアンテナをはって、何が必要で自分に何ができるのかを考え、人にしかできない場の空気を読むことを基盤に動いていきたいです。また、人を笑顔にしたい、喜んでもらいたいという想いは、人の何倍も強くもっているので、相手に伝わるようなサービスをしていきたいです。

「理想のおもてなし」

何でも尽くせばいいという訳ではないのが接客だと思っています。あるお客様には喜んで頂けても、もう一方のお客様にとってはおせっかいかもしれない。その境界線を推し測り、ひとりひとりのお客様に最適なサービスをすることを心がける、「心地よいな」と思っていただけるようなサービスが私の理想です。

浜の湯は、自分の想いを発散して形にできる、自分がやりたかった理想がつまった場所です。

当館にすでにお泊りになられたお客様は、次回ご宿泊の際お気に入りの客室係(仲居)をご指名できます。
その際は、ご予約の際にお申し付けくださいませ。

スタッフ応援メッセージ

2020年1月21日投稿 Y様

愛実さん、先日はありがとうございました。三が日明けに家族4人でお世話になりました、Yです。 お土産に買ったタレで教えていただいた通りブリを煮付けてみました。美味しかったのでまた買いたいなぁとホームページを見ていたら、このページに辿り着きました。家族みんな、愛実さんにメッセージ送りたいと言っていますが、代表して母が送ります。どんな家族なのかなと心を寄せてくださって、何が出来るのかよく考えて、一生懸命に接してくださいました。暖かな気持ちが伝わってくる接客で滞在時間が彩り豊かなものになりました。お忙しい中、時間を割いて心をこめて書いてくださったであろう旗、子供たちの宝箱に大切にして入っています。

もしかしたら、出会いの記憶がこれからの私たちの背中を押すことがあるかもしれない。そんな風に出会いの大切さを感じさせてくれる滞在でした。またお会いできることを楽しみに、家族それぞれが日々頑張って過ごしています。その時まで愛美さんもどうぞ元気にお過ごしください。一ファンとして、愛実さんの日々を陰ながら応援しております。

2019年9月6日投稿 I様

今回、マタニティ旅行で浜の湯さんをご利用させて頂きました。妊婦ということで料理の変更をお願いすることもありましたが、変更された料理もどれも大満足でした。

担当して下さった愛実さんは接客対応、言葉遣い等も良かったです。また、時折感じる初々しさもとても好感が持てました。これから生まれてくる子供に対してもメッセージ等を頂けたことは非常に嬉しかったです。ありがとうございました。家族が増えたらまた浜の湯さんをご利用させて頂きたいです。

浜の湯スタッフ応援メッセージはこちら

※お手数ですがイニシャルやニックネームでもかまいませんので送信者様の名前記載をお願いいたします。