舞台は浜の湯。いま、新しい旅の夢が始まります。
  • TEL. 0557-95-2151
  • facebook
  • twitter
  • google
  • youtube

情熱のかけら 茉莉子

お客様とより長くより親しく関わりたい

茉莉子

[出身地] 新潟県 [生年月日] 1999年9月
[出身校] 国際ホテル・ブライダル専門学校

「仕事の動機」

合同企業説明会で、どの企業よりも若い先輩社員の方々が活き活きとしていて、お客様に喜んでいただくために真摯に考え、情熱を注いでいること、浜の湯でおもてなしが心から好きであることが伝わり、この方たちと一緒に働きたいと強く思いました。また、完全担当制を取り入れているため「お客様とより長くより親しく関わりたい」という私のやりたい接客が実現できると考えました。鈴木社長のお客様第一に考える姿勢と、日本旅館だからこそできるおもてなしへの熱い想いが胸に響いたことが、入社の決め手です。

「想い」

同期や先輩、従業員の皆様、そしてお客様お一人お一人と、丁寧に向き合い、出会いを大切にし、笑顔の輪を広げられるよう常に明るく毎日を楽しみながらら、お仕事に取り組んでまいります。

「理想のおもてなし」

お客様の素敵な思い出の1ページに、浜の湯で過ごした時間を刻んでいただくことができたら、そして私に「また会いたい」と思っていただくことができたら、それが私の理想です。お客様お一人おひとりに対する最良のおもてなしを常に考えるとともに、私らしさを忘れないおもてなしを届けていきたいです。

浜の湯は自分自身が人として成長できる場所があると思います。日本人ならではの美しい所作や言葉遣い、おもてなしの心はもちろんのこと、浜の湯では毎日学ぶことがたくさんあります。日々何かを吸収し、自分自身に磨きをかけていきます。

当館にすでにお泊りになられたお客様は、次回ご宿泊の際お気に入りの客室係(仲居)をご指名できます。
その際は、ご予約の際にお申し付けくださいませ。

スタッフ応援メッセージ

2020年7月10日投稿 Y.F様

担当頂きありがとうごさいました!お宿通してサービスが行き届いており、茉莉子さんの所作も美しく、もてなさられる側にも何かルールがあるのでは?と不慣れ&無知故に思っていた中で、夕食後に追加の浴衣を持ってきて頂いたときに「これは、どのタイミングで着る浴衣なんですか?」と、だいぶ特殊な質問を投げかけてしまいました。すでに着るものに不自由してなかったのに更に不自由なくして頂いたのだと後々納得(笑)

お宿の事や、食事以外にも会話のネタが出来ました!部屋に備え付けのコーヒーカップやソーサの補充もピッタリ使った個数で、本当に良く見てるんだなと感心しました。お宿の事も満足ですし、担当頂いた茉莉子さんに我々が快適に過ごせるようにして頂き重ね重ねありがとうございました。

浜の湯スタッフ応援メッセージはこちら

※お手数ですがイニシャルやニックネームでもかまいませんので送信者様の名前記載をお願いいたします。